ホメオパスのご紹介

ブジンスキー・ビクトル・ペトロビッチ

 ブジンスキー・ビクトル・ペトロビッチ。1966年生まれ。

ウクライナ・リヴィウ市出身。

1989年ヴィーンヌィツャの医学大学内科学部卒業。

1996年、リヴィウにある医学大学の内科学部の臨床医学研修を終え、内科学部の助手に就任。

1998年より医師ホメオパスとして活動を開始。ウクライナの「民間医学及び代替医療」の資格を取得。

ウクライナの民間医学及び代替医療医師会、ウクライナ医師ホメオパス協会会員。

ギリシャのジョージ・ヴィソルカスのセミナー、ロマーニアのゲオルギウ・ジュールジャ、スイスのダリオ・スピネーディのセミナーに定期的に参加し研鑽。

Webサイトhttp://www.1796kotok.com/forum/index.php を管理。

自身のホームページはhttp://homeopathia.com/

 

 

書簡のやりとりで正しい処方は可能?!

ドクタービクトルはベニングハウゼンのやり方も細かく学んでいます。その書籍の中には、手紙でクライアントの状態を把握する術が書かれているというのです。

私も最初は「メールで大丈夫?」と思いましたが、ドクターの問診票を見て、そして実際にレメディの処方を受けて、スカイプなどでバタバタとせわしなく診察を受けるよりも、はるかに精度の高い処方を頂けることを実感しました。

これは力のある医師・ホメオパスだからこその技術だとは思いますが、ドクタービクトルはその技術を備えています。